対応が良かったから解決できた

知り合いが交通事故の被害者でなく、加害者になってしまい、その際、弁護士に大変お世話になったようです。交通事故を起こしたときの対応次第で、結果の良し悪しになるようでした。もちろん、軽い接触事故であり、被害者が問題ないと言っても警察への報告はするべきであり、知り合いもけが人はいなかったものの、2次被害を防ぐための措置をとったようでした。もちろん、弁護士に相談したところ、加害者の対応次第で被害者から多額な損害賠償請求をされることがあるとも告げられていて、知り合いの被害者への対応がどうだったのかも相談時に説明を求められたようです。知り合いの場合ですが、被害者には誠実に対応したらしいです。具体的なことを弁護士からも求められたようで、被害者に対して誠心誠意、謝罪をしたことをはじめ、運転免許証を呈示したり、自分の名刺を渡したそうです。被害者からは、事故の責任を追求されなかったか、責任を認める供述を被害者にしたのか、そうしたことも話し合ったようです。弁護士がその場にいない状況でのトラブルですから、虚偽がないことを確かめる必要もある話しでした。被害者の保険会社からは責任があることを認める書類を作成してください、そうしたことを告げられていたようです。これも先に弁護士に話しておいたので、後日、適正な損害賠償額を算定するにあたって支障が生じなかったようです。断らなかったら、そう思うと加害者になることが恐ろしいことであるのが理解できます。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP