事故した友人

私の友人が交通事故にあった話です。友人は加害者では無く、被害者の方でした。友人が普通に自転車で走行していたところ、突然車が一時停止をすることなく衝突して来たそうです。それにより友人は骨を折る怪我をしました。事故は相手が警察を呼んで対応はしてくれたそうです。そして相手が友人に対して保険を使って支払うことになりました。しかしその後相手からもぶつかって来たにも関わらずその後の対応に対していちゃもんをつけて来るそうなので弁護士を依頼したそうです。特に払われる保険の額がおかしいと感じたそうです。まず弁護士の方に事故の経緯や怪我の内容などを説明して、その後に支払われた金額が妥当なのか判断してもらったそうです。そしたら、明らかに倍以上支払われる額が違っていたそうです。相手が意図的にそうしたのか、それとも無意識なのかは分かりません。それから友人は加害者の相手に対して異議をしたそうです。それに対して相手は真っ向から反論してきました。しかしこちらとして被害者としてもありますし、十分な金額を請求することのできる証拠は揃っているので裁判になるかもしれないとなったそうです。しかしそれから数日後相手側から連絡があり、その金額要求を飲んだそうです。おそらく相手側として訴訟されないことを恐れて、気持ちを切り替えたのだと思います。それから友人と相手との条件は成立し、解決しました。友人いわく弁護士に依頼して正解だったと言っていました。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP