心強かった弁護士の携わり

横断歩道を渡っていただけの友人が交通事故に遭い、被害者になってしまいました。保険会社からの話しも専門用語などを持ち出す始末で、ちんぷんかんぷんで、どのように対応したらよいか分かりませんでした。一応、全国に事務所のある日本司法支援センターを薦めました。法律相談だけでものってくれる話しだったからで、一定の資力以下の人なら無料相談も受けられる話しでした。友人も療養中でしたから、裁判費用、弁護士費用の問題から相談出来ずにいたため、こちらの事務所を利用しました。示談のあっせんもしてくれたのは、心強かったようです。自分だけで解決しようと、加害者側の保険会社の担当者と話し合ったようですが、不調になり、「審査を申し立てるならそちら側で立ててください」だとか「費用は一切持ちません」などの言葉が返ってきたようです。紛争解決を図りたい友人は、どうすべきかを私に相談してきたので、実績ある弁護士に相談してみたほうが良いと告げました。損害賠償請求も請け負ってくださり、解決策が見つかりました。事故が発生したことを証明するための証明書が必要になったのですが、自動車安全運転センター事務所に申請することまで教えてくれました。慰謝料を請求したいですか、という質問もされたようです。ケガはなかったものの、精神的に恐怖心が拭えないことや、加害者が謝罪に来ないことがツラいことを弁護士に話しをしたら、慰謝料請求を請け負ってくれました。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP