被害者だけど弁護士に相談

以前、友人が遭遇してしまった交通事故なんですが、横断歩道を歩いていたら、交通事故に遭ったそうです。数日後、加害者の保険会社の担当者が来たらしいのですが、友人は法律に詳しくなく、どのように対応したらいいのかよく分からなかったようです。この場合、被害者でも弁護士に相談したほうがいいと伝え、そこから弁護士が頼りになりました。というのも、加害者から警察に連絡しないでくれと言われたからです。弁護士いわく、後日、損害賠償請求をしたくても、事故態様などの立証が困難になり、適正な損害賠償が受けられなくなる恐れがあると告げられました。知人はケガもなく、かすり傷すら無かったのですが、大事をとって精密検査を受けています。事故現場から離れてしまっていたので、加害者の言い分だけで実況見分調書が作成されてしまうのでは、紛争になるかもしれないと告げられたので、不安になりました。保険会社との交渉を全て弁護士に任せたので、大事にならずに済みました。後日でも良いらしく、警察に対して被害者立会いの実況見分調書の作成も申し込んでくれました。損害賠償を請求するにあたって必要な書類も沢山あったようです。その書類が何に対して効果を発揮するのかさえ分からず、そこも弁護士が説明してくれたようで、安心して書類を取り揃えることもできた話しです。書類代行として、司法書士も携わってくれたようで、費用も気にせずに依頼ができ、納得できる請求ができた話しでした。

 

 

福岡の交通事故の弁護士相談

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP