慣れた道を自転車で走っていての事故

朝見慣れた道自転車ではしっていて、同じく自転車のサラリーマンがかなりのスピードで右からぶつかってきたのです。
そして、相手は自転車対応の保険に入っていて、それの担当者から追って連絡もらいました。

私は美容師をしていて、腕はかなり大事でして、出勤したのですが、痛み強くなって仕事にならないです。
ほかスタッフに迷惑かけて気が引けましたが、、病院行かせてもらいました。
整形外科受診してみれば右ひじ靭帯損傷と診断されました。

そして、後日相手保険会社から連絡あって、私も過失があると指摘されてしまいました。
私は普段車乗らなくて、保険会社はいらなくて、自分で調べてみればわからないこと多くて、無料弁護士相談窓口利用してみたのです。

無料でも親切なアドバイスをしてくれてよかったですが、自転車同士の事故も自転車は車両扱いになって交通事故で慰謝料請求できたりします。
交通事故慰謝料相場いくらか全くわからなくて、最終的に弁護士に代理で示談交渉依頼して慰謝料100万程度もらえました。
半年近くリハビリを続けて今日常生活支障ないまでになりました。

自転車乗る以上は自分が被害者になっておかしくなりません。
こうした危機感を持ち利用していくことが大事であり、忘れがち交通ルールも事故防ぐためにもう一度チェックしてみるといいでしょう。
整形外科受診して靭帯損傷と診断されて、けがで長期的に仕事できなくて、美容師の職辞めざる得なくなってしまいました。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP